ガチガチ状態の腰に効果テキメン|腰椎椎間板ヘルニアの痛みを解消

先生

保存療法と痛み

医者

痛みをとる方針

腰椎椎間板ヘルニアの治療方針の特徴となっているのが痛みをとるということです。腰椎椎間板ヘルニアは椎骨と椎骨の間にある椎間板と呼ばれる軟骨に亀裂が生じたりして突出してしまっている状況になり、それが原因で周囲の神経が圧迫されて痛みやしびれが生じます。その根本的な治療を手術によって行うこともできますが、出血リスクなどを伴う手術を行うよりは、自然の力に任せて治癒を待つ保存療法が主流となっています。そのため、治療として行うのは患者の苦しみを取り除くための施術であり、痛みをとるというのが特徴になるのです。鎮痛剤を使用したり、温熱療法を行ったり、マッサージをしたりする方法が一般的に行われています。症状と患者の希望に応じて選択していくのが一般的です。ガチガチ状態の腰に効果テキメンの療法で、早急な緩和に期待しましょう。

自然に治るもの

腰椎椎間板ヘルニアはいわば椎間板と言われる軟骨が壊れてしまうものであり、自然に形が元に戻ることはないと考えてしまいがちです。腰椎椎間板ヘルニアについての外科的な治療が積極的に行われていた頃にはそういった理解が医学界でも常識的でした。しかし、現状として理解されてきているのは自然に治るということです。自然に治るものだからこそ保存療法が治療方針として基本になります。ただし、歪んだ形で治癒が進んでしまわないように、痛くない姿勢でありながらもできるだけ正しい姿勢で横になって休むということが大切です。動けるようになってきたら痛くない範囲で姿勢を正すということを心がけるとリハビリを兼ねながら治療を達成できるでしょう。

免疫力を高めます

看護師

病気でもがんは重い病気として存在しています。そのがんに対して期待出来る治療法としてあるのがNK療法です。このNK療法ではナチュラルキラー細胞や免疫細胞の働きによる治療とされ、またこれでかかる体への負担は少ないのです。

詳細を読む

多くの患者さんが集る

女性

城東区の内科では、いろいろな目的で受診を希望される方が来院されます。様々な症状に応じての診察はもちろん、健康診断であったり、予防接種でも対応をしています。また診察の際に、いろいろな症状があれば、他の診療科に行かなくても、一度に処方をしている事もありますので、一度医師に相談をしてみるといいでしょう。

詳細を読む

自宅や介護施設で診療

女性

在宅医療では、病気のことだけでなく、生活の中でおこるさまざまな問題点について医師に相談することが大切です。世田谷区では高齢化が進み、療養生活をサポートしてもらえる在宅医療のニーズがますます高まっています。

詳細を読む